その期間、未来につながりますか?

この記事をシェアする

短い期間での施工

リフォームの場合、古い箇所、改修修繕したい範囲が狭いです。

骨組みまで取り換えませんし、表面的な工事のみなので施工期間も短くなります。
住宅の工事ですから短いに越したことはありませんね。

逆を言うとそれほど凝った工事はリフォームではできません。
ですので非常に短期間で出来上がるのです。
リフォーム中は別の住居を借りなくてはなりません。

その賃貸料を考えてもリフォームはリノベーションに比べて安く済みます。

施工費用と施工時間は全てお願いする貴方の負担になるのです。
ですが、この工事で得られるものを考えた時これだけの費用を出しても良いかなと考えるでしょう。
リフォームにて得られる価値とは一体なんでしょうか?
時間をとるか価値をとるかです。

長くかかるリノベーション

リノベーションの工事は住宅の解体から始まります。

住宅を支える柱や梁を丸裸にしてそこから作り変えます。
解体からなので最低でも2~3か月はかかりますね。
工事施工後も規模が大きく範囲が広いので工事の期間は長引きます。

リノベーションは自由に設計できる利点はありますが、その分住宅の引き渡しまでに点検などが必要になってきます。
骨組みから作り変えるからです。
耐震強度なども調べますね。

全て終わって引き渡しが済むまでにだいぶ時間がかかります。

しかし、リノベーションをすることにより得られる利点もあるのです。
時間をかけてリノベーションをすることにより得られる利点とは何なのでしょうか?
リノベーションの期間を解くとするか損とするか、それはリノベーションの価値を見て貴方が決めてください。